映画・ドラマの楽しみ

映画・ドラマを見ることが唯一の癒しの主婦ブログ。

市原隼人の早川はカッコよかったです。
でも、最後まで単独行動が直せなかった。

しかも、ラストの行動は犯人を死なせてしまう
という結果だったにもかかわらず、不問だった。
まるで学習してないところを見ると、この話、どうやら完結してませんね。
警察で活躍する犬には、何種類もあるんですかね。
犬屋って呼ばれていたけど、ここで働く犬は「警備犬」。
早川とバディを組むことになった犬は「シロ」。
生まれたとき偶然そばにいたことがきっかけで、
バディになるところまで深いつきあいになっていきます。
見ていて、市原より時任三郎が好きになりました。
映画を見てて、主役はそうそう同じ人を見ることはないのですが、
脇役には、いくつかの映画に出てくる人があります。
いい味出してくれます。
時任さんは、「海猿」とかテレビの「ドクターコトー」の時も好きでした。
脇にいい俳優が控えていると、全体が引き締まります。

No Comments :(

Comments are closed.