映画・ドラマの楽しみ

映画・ドラマを見ることが唯一の癒しの主婦ブログ。

「岳」見てきました。
小栗旬が、ちょっと意外なキャラでした。

でも、それ以上に泣かされました。
きっと、クライマックスは泣くだろう
というぐらいの気持ちで見てました。
始まってすぐ、遭難者の救助で泣きました。
こんなに早く泣けて大丈夫かな、って、
自分でも心配になってきました。
山岳救助は、山が好きでないと続かないと思った。
そして、自分の命を大事にしない救助隊はあり得ない。
命がけで救助じゃなく、
自分の命の保証の上での救助です。
助けたい一心で、自分の命を粗末にするようでは、
遭難者の命を救うことはできない。
そんなことを感じました。
プロフェッショナルという言葉の重みというか、
本当の意味みたいなことがわかりました。
救助隊の人は、
無謀な登山家でも、
あんな風に純粋な気持ちで救助できるんだろうか。
ちょっと、いいカッコしすぎかなって思う場面もありましたけど。
山歩きが好きになりました。
でも、あんな高い山じゃなく、
日帰りで、行ってこられる山がいいです。

No Comments :(

Comments are closed.